まったりへっぽこ補足録

夏休み子ども科学電話相談の公式書籍化を待つ間に自分なりに調べてみた記録

2017年7月24日の質問まとめ

2017年の記念すべき初日…なのですが国会中継のため 9時までの短縮。

今日の担当の方々

天文・宇宙:永田美絵 先生
植物:田中修 先生
科学:竹内薫 先生
深海の生物:石垣幸二 先生
司会:藤井彩子 アナウンサー

以下の質問が寄せられました
  • 【植物】どうしてトウモロコシの実は、一列にならんでいるの?
    回答者は 田中先生

  • 【天文】宇宙ができたときはガスしかなかったのに、それがどうして丸い星になるのか
    回答者は 永田先生

  • 【科学】円周率や平方根は、どうして無限に続くんですか
    回答者は 竹内先生

  • 【深海】シーラカンスはなんで日本にいないんですか?
    回答者は 石垣先生

  • 【植物】昆虫には毒があるけど、植物には毒はあるんですか?
    回答者は 田中先生

  • 【深海】なぜデメニギスの目は上を向いていて、膜で覆われているんですか?
    回答者は 石垣先生

以上、6問。
(それぞれの記事が出来次第、質問にリンクを貼っていきます。)


夏休み子ども科学電話相談 #とは

毎年、夏休み期間にNHKラジオ第一で放送されている番組のひとつ。

その名の通り、
「夏休み」
中学3年生以下の「子ども」たちが
「科学」に関するありとあらゆる質問、疑問を
「電話」
専門家の先生方に「相談」する
…という番組。

公式HPはこちら=> 夏休み子ども科学電話相談

おうちにいながら、専門家の先生に好きな質問に答えてもらえる、という貴重な機会。
長寿番組でもありますし、近年はTwitterでタグをつけて実況する楽しみ方も広まって、ますます注目を集めている…といっても過言ではないと思います。


勉強の機会としてもエンターテイメントとしても素晴らしい!

おともだちの素朴な疑問、鋭い視点、独自の感性により掘り出された多くの謎には、
時には「そうそう、不思議になるよね」とうなずき、
時には「言われてみれば不思議だ…!」「そんな考え方したこともなかった…」とはっとさせられますし、
それらに対して、
各分野で活躍されている専門家の先生方が経験および最新の知見をもとに
イラストも身振り手振りすらも使えない「声のみで」「限られた時間内に」どう回答するのか…
円滑な進行に欠かせないアナウンサーさんたちのサポート技術は…
と、スリルを味わいながら楽しく勉強ができる。 魅力を挙げたらキリが無い、そんな番組だと思っています。


ただ、媒体の特性上、残念なところも…

知識をどんどん吸収していくおともだちのポテンシャルや、先生方やアナウンサーさんたちの妙技は本当に素晴らしいのですが、
やはり「おともだちには未就学児の子もいる」「電話相談」「ラジオ番組」という形式であるため、どうしてもできる説明や示せる例に限りが出てきてしまいます。

そこで、ラジオでは表現できなかった&拾いきれなかった情報なども併せてまとめ、参考文献なども載せられる場所があったらいいな、と思い、このブログを立ち上げました。

(2017/07/25 第一稿)